U-12施設選手権 東海大会

1月24日、6年生最後の大きな大会、愛知県予選を3勝1分得失点差により2位

東海大会への切符を逃した。

コーチたちの中ではこのような状況もあり辞退するチームが出る可能性もあるとは話してはいたが、東海大会は1月30日。

月曜、火曜、水曜、、、、電話はやはりかかってこなかった。

愛知県予選を勝ちきることをできなかったコーチの力不足。

と思っていた東海大会前日夕方に辞退するチームがでたと電話。

急遽メンバーに連絡して確認。全員が出れるとの返信。

まさかの前日に繰り上げで東海大会へ。

1月30日雪が降りしきる中、会場へ向かう。

どのようなプランで戦うかをある程度はイメージを固めつつ。

当日の顔や状況見てから判断する部分もあるのである程度が大事。

16チーム、4チームの4ブロック、上位2チームが決勝トーナメントへ。

初戦は仲良くさせていただいる愛知のユニアオ。

どのように戦ってくるのかも、お互いに知り尽くしているので力と力の勝負。

結果は2-0で勝利

全員出場してどのようなパフォーマンスができるのかも確認することができた。

2戦目 ユニコミエ

ROBOGATO本来の力を出せば勝ちきれると試合を見て思っていたので、事故を減らすべき布陣を考えつつ進める。

3-0勝利

この時点で2位以内は確定した。

あとは1位で上がるか、2位であがるか。

3試合目

レインボータルイ

ある程度の試合展開は読めたが1点を争う展開にはなるとは思ったがROBOGATOが得点チャンスを活かしきれず0-1での敗戦。

2位通過

決勝トーナメント相手はユメオイキョウ

滋賀、京都、三重などの子供たち。フットサルを学んでない子供が多いとの予想とチーム練習ができてないはずなので、抑えるポイントをいくつか伝えて試合へ。

相手の狙いを抑えきり4-0で勝利

これにより上位4チームが全国へ行けるので全国への切符を掴みとりました。

この試合に関しては出れなかった子供もいましたがチーム一丸となり戦うことができた。全員が集中をしていた。

燃えた!!!